<京都俵屋旅館>こんなアメニティまで!旅館にあるアメニティを紹介

京都俵屋旅館の石鹸

みんなの憧れの旅館、京都の「俵屋旅館」
伝統ある家屋や客室と、美味しい食事や行き届いたサービスも魅力だけど、宿泊中の快適さにつながる「アメニティ」も高い人気があります。

その俵屋旅館の提供してくれるアメニティの数々は旅館を利用した人を虜にし、それらのアメニティグッズを旅館の近くに在る「ギャラリー遊形」で、買い求めていく人が多くいます。

そんな人々を魅了する、俵屋旅館で使われているアメニティの数々をご紹介していきましょう。

心地よさを追求したバスアメニティ

一口に「アメニティ」と言っても色々な物が有りますが、俵屋旅館で使われているアメニティの数々は、そのほとんどが俵屋オリジナルの品が使われており、それが俵屋旅館の特徴の一つともなっています。

取り分け、身体に触れる物への拘りは強く、洗面所や浴室に置かれているアメニティセットや、石鹸やタオル類などのバスアメニティは、かなりの人気があります。

洗面所へ入ると、小箱の様なトレイに10種ほどのアメニティセットが用意されていて、中にはシャンプーやトリートメント、ヘアトニックにシェービングフォームとシェーバー、ティッシュにコットンセット、ヘアブラシ、歯ブラシ、シャワーキャップと、身だしなみを整える物と入浴で使う物が一式入っており「ご自由にお持ち帰りください」との説明書きが有ります。

シャンプーとトリートメントなどは俵屋独自の物となっており、香り高く、心地よい使い心地で、俵屋のアメニティショップの「ギャラリー遊形」でしか手に入りません。

もちろん、俵屋オリジナルのタオルやバスタオルも置いてありますが、なんといっても忘れてはならないのが俵屋の石鹸「サヴォン・ド・タワラヤ」です。
口コミでも有名ですが、使えば京都のお土産候補として外せない一品となります。

着心地の良いナイトウェアや浴衣

先程のバスアメニティの質も侮れない物ですが、客室に用意されているその他の物も俵屋オリジナルの品で溢れています。

人の体に触れる物はボディケア関連の物以外に「衣類」もありますが、部屋に用意されている浴衣やパジャマなどの衣類から寝具に至るまで、宿泊客の身体の快適さに直接関わる品々は、俵屋の飽くなき探求の結果、より良い物が用意さています。

浴衣は足袋型のソックスとセットで用意されていて、お風呂に入ってから着替えれば、部屋の雰囲気と相まって、とてもリラックスできます。

就寝時には別途用意されている京和晒綿紗のナイトウェアを身に纏い、俵屋自慢の布団に包まれれば、最上の心地良さと極上の睡眠を体感できます。

気配りの行き届いたアメニティ

アメニティは「心地よく快適な環境を整える物」の事を指す言葉でもありますが、ご多分に漏れず、俵屋旅館は様々な快適さを演出する物があります。

他の旅館では、なかなか見掛ける事の少ない「シエスタマット」も、その一つです。
所謂、お昼寝用の簡易なお布団なのですが、シエスタの習慣がある国は思ったよりも多く、そういった文化圏の人々はもちろん、時差ボケや、ちょっとした旅疲れをお癒す為には嬉しいアイテムです。

衣類を掛けておくクローゼットなどには匂い袋が置かれていたり、一階の庭に面した部屋では草履が用意されており、庭の中へと出て風情ある旅館の装いを満喫できたりと、快適さ以外にも気持ち良さに関する配慮も怠りません。

この他にも、不測の事態に備える物も如才なく用意されていて、ソーイングセットや、アメニティとは少し違うかもしれませんが、就寝時の枕元に懐中電灯や冷たい水の入ったポットとコップも用意してくれます。

防災装備の消火器なども品の良い唐紙で包んで飾りつけし、旅館の雰囲気と情緒を崩さない様に工夫をするなど、こういった衣食住への細部まで気配りをした配慮が、俵屋旅館の良さをワンランク上の物へと引き上げているのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)