長期休暇は家族4人でハワイ旅行へ!目安の予算と私のおすすめ貯金方法

家族旅行ハワイ予算イメージ
みなみ
こんにちは、海外旅行大好きみなみです

年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みなどは、長期休暇のチャンスですよね。
長期休暇は文字通り長く休みをとれますので、どう休むのかワクワクしながら計画を立てる人はきっと多いことでしょう。

そんな長期休暇を利用して海外旅行をしたい場合の定番といえば、ハワイですよね。
たとえば海外旅行を経験させてあげたい小学生以上の子ども2人を連れて家族4人で海外旅行を計画する、というケースは珍しくありません。
そこで家族4人で海外旅行をする場合の目安の予算、そして旅行のための貯金方法について紹介していきますね。

ハワイ旅行の予算は家族4人でいったいどれぐらい必要なのか

ハワイ旅行をしたければ、まずその予算を算出しないといけません。
旅行にかかる予算の大まかな内訳は、飛行機代、宿泊代、食事代、ハワイでの移動代などがその主な内訳になると考えられますよね。
このうち予算の中で大きなウエイトを占めるのは、やはり飛行機代と宿泊代でしょう。

これは各人によってそれぞれ考え方がありますので、一概にいくらだと安易に予算を出すことはできないですよね。
また飛行機代にしても宿泊代にしても、ハイシーズンになれば高額になります。それをふまえたうえで、予算を算出しないといけないですね。

まず飛行機代の目安ですが、とりあえず1人15万円ぐらいとみておけば良いでしょう。
ただ小学生の子どもは子供料金が適用されるので、1人7-8万円と考えることができます。
そうなると家族4人で45万円が飛行機代の目安です。

宿泊代となるホテルはピンキリですが、1室あたり3万円の部屋に4泊するとしたら12万円ぐらいですよね。
それに他の食事代やハワイでの移動代を加えたら、だいたい70万円から90万円ぐらいが目安といえるかもしれません。

みなみ
つまり、飛行機代の45万円、ホテル代の12万円、現地の遊びに15万円だった場合だと、合計73万円ってことだね




60万円の貯金方法はどうすれば良いのか

70-90万円の貯金方法ですが、ハワイ旅行のための別口座を用意するのがおすすめです。
家計の口座とハワイ旅行の口座を一緒にしてしまうといつの間にか使ってしまうので、給料から天引きするような形で毎月5万円ぐらいをハワイ旅行の口座に貯金していくのが理想的です。
収入があったら、その日にすぐ別口座へと貯金していきましょう。

毎月5万円の貯金はハードルが高いですが、継続すればハワイ旅行のための資金を用意することができます。

家族にもそのむねをしっかりと伝えておき、お金を使い過ぎないように呼びかけましょう。
1人だけではなく家族の目標にすれば、節約するための協力を得られやすいですよね。
毎月5万円なら最短1年でまとまった資金を用意することができますよ。

みなみ
5万×12カ月で60万円なので、+ボーナスで行けそうですね

海外旅行先としてハワイは定番中の定番ですが、だからこそ家族で1度は行っておきたい場所です。行くのは決して簡単ではありませんが、予算の目安を目標に毎月貯金していけば現実味を帯びてきますよね。




海外旅行で役立つ!厳選サービス

①日本円からユーロやドルに変えるにもお金がかかるし、海外でクレジットカードを使うのは心配!
そんな貴方には海外専用のプリペイドカード【マネパカード】を。為替手数料が空港よりも安いのは魅力的。

②海外での医療費を自分で立て替え払いせず、最初からカード会社が負担してくれるサービスをキャッシュレス診療と呼びます。

通常はゴールドカード以上でないと付かないサービスですが、年会費無料なのにキャッシュレス診療のできるカードが…!?
それがエポスカードです。また海外旅行保険が自動的についてくるなんて最高!

年会費無料な上カードを持っているだけで海外旅行保険が自動的に適用されたことになっているんです。
通常の無料カードだと、利用しないと海外旅行保険がつかないんですよ!

③自分のスマホを海外で使いたいならグローバルWiFi
キャリアの海外パケ放題より断然お得!
空港、宅配、現地と受け取りや返却が選べるのも魅力的!




京都の観光地の入場券やレンタカーなども割引されるので、お得に遊ぶことができちゃいます。

例えば京都水族館だと10%引き!!京都鉄道博物館なら15%引き!
その分、美味しいものを食べてHappy一日に


✅2カ月無料!
✅いつでも解約できるのが嬉しい!