韓国のプラグタイプの形状は?電圧や形などを紹介

韓国プラグCタイプ

海外旅行をする際は、日本の常識がまったく通用しないことがありますのでよく注意しないといけないですよね。
日本と海外では、さまざまな面で違いがあります。
その違いのうちの1つがプラグタイプです。
ですからプラグタイプがどのタイプなのか、事前に調べておくことはとても大事ですよね。

そこで何度も日本にブームが到来していて旅行先として人気が高い韓国のプラグタイプのことを、それぞれの項目ごとに紹介していきます。
グルメや美容で有名な韓国だけに、旅行を検討することは珍しくないでしょう。
今なら一番手に韓国の名前が挙がっても、おかしくないですよね。
そんな韓国旅行で知っておきたいプラグタイプや電圧に関する情報をまとめましたので、ぜひとも参考にしてみて下さいね。




韓国のプラグタイプはCタイプ

普段何気なく生活しているとなかなか気付きにくいことですが、プラグにはそれぞれタイプがあります。
その種類は10種類以上にも及んでいるというのですから、とても驚きですよね。
プラグのタイプにそんなたくさんの種類があったとは、意図的に意識してみないと気付きません。
ちなみに日本の場合は、Aタイプとなっています。
韓国もAタイプならまったく問題ないのですが、残念ながら韓国のプラグタイプはCタイプです。
つまりタイプが明らかに違うということですよね。
プラグが異なる場合は、変換器を使って変換しないと正常に使えないです。
日本の製品を、そのままでは使えないということです。
ではどういうことなのかもう少し詳しく掘り下げていきましょう。

Cタイプ

韓国で多いのが、Cタイプと呼ばれるプラグタイプです。
Cタイプは、丸い穴が2つあるプラグタイプです。

韓国プラグCタイプ
この形状からして、すでに日本で使っているタイプとは違うとわかりますよね。
韓国のホテルなどではAタイプになっている場合もありますが、韓国では基本的にCタイプが使われていると考えておいたほうがいいでしょう。
プラグタイプがまったく違いますから、日本の製品がそのままでは使えないというわけです。

SEタイプも

韓国がCタイプを主流としているなら韓国旅行する際にCタイプの変換器さえ持参すれば問題ないだろうと早合点してしまいがちですが、実はそれだけだと不十分な場合があります。
なぜなら韓国ではCタイプだけではなく、SEタイプと呼ばれるプラグタイプを使用している場合もあるからです。

CタイプとSEタイプは、残念ながら似て非なるものです。
Cタイプの変換器を使ってSEタイプを利用しようとしても、穴の大きさが違って十分には機能しません。
正しく接触しなかったり、使っている途中で抜けてしまったりなど、不具合の恐れが少なからずあります。
せっかくCタイプの変換器を持って行っても、SEタイプの場合だと使えないということですよね。
ですからもしも韓国旅行で家電製品を使う場合は、Cタイプの変換器とSEタイプの変換器を両方ともそれぞれ用意しておくのが好ましいということになります。

マルチプラグもおすすめ

それぞれのプラグタイプの変換器をいくつも用意するのは、とても面倒ですよね。
特に韓国旅行だけではなく他の地域も含めて海外旅行を頻繁に行うなら、プラグタイプはひとまとめになっているほうが便利なのはいうまでもありません。

ちなみに私はマルチプラグ派です。私のマルチプラグは入れ物もちゃんとしているので失くしにくい!

韓国旅行へマルチプラグ

もしもプラグタイプのことで悩みたくない場合は、マルチプラグを推奨します。

韓国旅行へマルチプラグ
このようにマルチプラグは、さまざまなプラグタイプに対応している万能なプラグです。

観光Cプラグも対応
もちろん韓国のCタイプにも対応していますから、持って行けば不自由なく使うことができます。

韓国旅行のプラグ
マルチプラグはオールマイティですから、プラグタイプのことで困らなくなりますよ。




韓国のプラグCタイプは100均や3COINSで買える?!

韓国の主なプラグタイプであるCタイプの変換器を買いたい場合、変換器にかける出費はなるべく安く済ませたいですよね。
年に1回あるかないかの海外旅行のためにお金をたくさん使うのは、どう考えてもナンセンスです。
そこで頼りにしたいのが、生活のおともである100均ですよね。

100均には「まさかこの商品も」と驚いてしまうぐらい、いろいろなアイテムが揃えられています。
それは変換器のような便利アイテムも例外ではなく、100均では変換器がいろいろと販売されていますよ。
ではどこの100均なら買えるのかということですが、100均大手のダイソーでCタイプの変換器が買えるのです。

ダイソー

ダイソーにはありとあらゆるアイテムが揃っているので、生活に必要なアイテムを揃えるのにとても重宝できるショップですよね。
そしてダイソーには海外旅行関係のアイテムも豊富に取り揃えており、その中の1つに変換器があります。

ダイソーには韓国のプラグタイプであるCタイプの変換器が販売されていますから、低コストでCタイプの変換器を用意することは十分可能です。
韓国へ海外旅行するのに価格の高い変換器を買わなければいけないのかと一瞬落胆してしまいそうになりますが、ダイソーでCタイプの変換器を買えば出費を最低限におさえられます。
もしも最寄りにダイソーがあるなら、ぜひともチェックしておきましょう。ダイソーの韓国プラグ

3COINS

100均のダイソーが近くにない!という方は3COINSでも買えますよ!値段が3倍も変わるので3COINSで買うのは躊躇しますが、300円なら妥協の範囲内ですかね。

3COINSの韓国プラグ

関西空港で韓国プラグは買える?!

答えはYESです!

関西空港には韓国のプラグが売っている3COINSとダイソーがあるので安心してください。

韓国の電圧は?iphoneだとそのまま使えるの?

プラグタイプの問題は変換器を使うことで解決できますが、もう1つ考えておきたいことがあります。
それは韓国の電圧についてです。
日本と韓国では電圧がまったく違いますので、その点もきちんと考慮しないといけません。

例えばiphoneを使っている場合、電圧の違いからそのまま使えるのだろうかと心配になってしまいますよね。
そこで韓国の電圧とiphoneについてまとめてみます。




韓国の電圧

日本の電圧は、100Vが一般的ですよね。
ですが韓国の電圧は100Vではなく、220Vです。
この数字を見てわかる通り、日本と韓国では電圧が一目瞭然でまったく違います。
これではそのまま使えないですよね。
場所によっては電圧を110Vにしているところも一部ありますが、すべてがそうではありません。
ですから韓国へ海外旅行した場合、電圧の問題を何とかしないといけないいうことです。

iphoneはそのまま使える!

日本と韓国で電圧が大幅に違うならiphoneをそのまま使えないと思うのも無理ありませんが、実はiphoneはそのまま使うことが可能です。
電圧が違うのになぜ使えるのかという素朴な疑問の答えは、iPhoneの充電アダプタの対応電圧にあります。
純正なiPhoneの充電アダプタは対応電圧が100Vから240Vとなっており、かなり幅広いのです。
諸外国における電圧の差を、ほとんど気にしなくていいといっても決して大げさではありません。
iphoneが普通に使えるのなら、とても便利なのは間違いないですよね。

変圧器はいらない

日本と韓国で関係なくiphoneが使えるということは、要するに変圧器がいらないということです。
電圧が違っているのであれば、本来なら変圧器を使わないと正常には使えません。
電圧の違いを、変圧器によってカバーしなければいけないからです。
ですからiphone以外に何か他の電化製品を使う場合は、変圧器を用意する必要があります。

しかし純正なiPhoneの充電アダプタは対応電圧が100Vから240Vとなっているため、韓国の主流な電圧である220Vをしっかりとカバーしています。
このためiphoneを使用するための変圧器は、持参しなくても大丈夫だということです。

韓国に海外旅行するのに家電製品が大荷物になるということは、普通は考えにくいですよね。
iphoneのような携帯端末さえ不自由なく使えれば、それで十分なはずです。
変圧器はいらないですから、電圧の心配はそれほどしなくても平気だということですね。