台湾墾丁(ケンティン)観光!子連れで墾丁国家公園へ行くときの注意点

2018年5月19日

墾丁(ケンティン)国家公園とは

1984年に指定された台湾初めての国立公園で、総面積は約33,000ヘクタール!
ケンティン国家公園の中には森林遊楽区があり、歩いて観光ができます。
ケンティン国家公園が発行しているパンフレットによると、毒蛇が出没することもあるようなので
十分に注意して観光してくださいね!

森林遊楽区おすすめスポット「銀龍洞」

洞窟の長さは約30メートルほどで幅はちょうど人が一人入れるくらい。
抱っこひもをしていても、子供の頭をぶつけないようにするのがやっとです。

こんな感じ
墾丁(ケンティン)銀龍洞

洞壁はすべて鐘乳石で、龍のようにとぐろを巻いています!
その光景はアメリカのアンテロープキャニオンのよう。かなり美しい!
墾丁(ケンティン)国家森林公園の銀龍洞

ケンティンに来たなら絶対みるべき観光スポットだと私は思います!
ここに入ってしまうと、進むしかないので森林遊楽区の奥まで自動的に行くことになるので注意が必要です!



必要アイテムベスト4

帽子は必須!

入口で傘を貸してくれる場所があるくらい、暑いです!歩いて10分で汗だくになります!
子供は嫌がりますが熱射病にならないように、帽子は被りましょう!もちろん、パパママもね!

虫よけ・日焼け止め

森林の中なので、虫はたくさんいます!子供用の虫よけスプレーはマストアイテムです!
また、帽子以外にもかなり日ざしがきついので日焼け止めは塗っていきましょう!

しんどいけれど抱っこひもで

銀龍洞へ行くときだけでなく、歩いているとたまに階段もあります。
ベビーカーの方が楽ですが、がっつり見るなら断然抱っこひもで。
ずっと抱っこだとしんどいので、大人でかわるがわる抱っこしたり、(歩ける子は)たまに地面に歩かせたりして
乗り切りましょう!

水分補給

売店や旅客センターにも水は売っていますが、すべて硬水。赤ちゃんにはすこしきつい水です。

売店の様子
墾丁(ケンティン)国家森林公園の売店

自動販売機はこんな感じ。軟水はないですね。。。

墾丁(ケンティン)国家森林公園の自動販売機

(筆者の子は昔硬水を飲んだら吐いていました)

軟水かベビー麦茶のようなものを持っていき、水分を十分にとりましょう!

さいごに

筆者は子連れ(抱っこひも)で森林遊楽区を奥まで歩いて観光し、途中水分補給の休憩と、子供を歩かせたり写真をとったりしましたが
約3時間弱かかりました。

大人が一人だと1時間半もかからないのかな?色々な草木があって見るとこも多いので、台湾墾丁(ケンティン)観光でここに来た際は時間に余裕を持っていってみてくださいね。

ちなみに銀龍洞以外にもこんなスポットも!

長すぎる幹!背が高すぎです

墾丁(ケンティン)国家森林公園の木
なにかが出てきそうな幹と根っこ。少し不気味です。笑

墾丁(ケンティン)国家森林公園の幹

いかがでしたか?墾丁(ケンティン)にある国家森林公園、ぜひ行ってみてください!