産前から産後、産婦人科や小児科、保育園までやっている京都足立病院を勝手に調査!

足立病院がやっている御所の杜保育園の外観

人生においての一大イベントの一つとして数えられるのが、出産から育児にかけての期間です。
その間の助けとして欠かせないのが産婦人科を備えている病院と、そこに在籍している医師人達の助けでもあります。

京都には「京都足立病院」という、子供とその母となる人達を主眼に置いた病院が有り、その京都足立病院は日本の中でも高い実績を持つ病院なのだそうです。

今回は、その「京都足立病院」の事を独自に調査してみました。

安らぎと充実の設備

調べてみて、まず最初に分かった事は「評判が良い」という事でした。

それもそのはず、院内は清潔さと落ち着きを感じさせる温かい内装をしており、待合室から診察室まで妊婦と子供の為の設備が充実しており、それどころか産婦人科学における最先端の治療施設まで備わっているからです。

京都足立病院のコンセプトと志は「女性と子供を大切にする」という事にあり、安心して来院してもらう為に、妊婦が座るソファーや備え付けの家具にも気を配っており、一緒に連れて来る子供が退屈しない様にと遊具が用意された待合室まであります。
病室も、妊婦だけでなく家族で泊まれる様になっていて、家族と病院スタッフの助けにより出産に対する不安感を払拭してくれます。

最先端の医療設備とスタッフ

京都足立病院は日本有数の産婦人科学を専門とする病院と言う事も有り、その揃えている設備とスタッフも優秀なようです。

畑山博医院長を筆頭に、産婦人科学の権威でもある中山貴弘先生や矢野樹理先生といった、学界でも認められた不妊治療に効果的な治療法「アシステッドハッチング」を生み出した先生や、高い施術技術を持つ優秀な先生が多くいます。
その先生方は、産婦人科学の最前線で治療を行いながらも、研究と技術の向上に余念がなく、それを支える京都足立病院の設備とスタッフも優秀な物と人が揃っている様です。
そのおかげで、不妊治療から出産前の検診、本番の出産から産後の経過と子供の健康まで、一貫して京都足立病院に任せる事が出来ます。

母と子に対する取り組み

院内の設備や内装、優秀なスタッフにも驚きましたが、京都足立病院は「あだちほいくえん」と、病児保育園「こだち」という保育園も開いている事に、女性とその家族をサポートするという心意気が感じられます。

優秀な小児科を備える病院が経営する保育園と言う事も有り、その安心感はとても強い物ですし、病気により集団保育が難しく家族の負担が大きいとしても病児保育園「こだち」という心強い保育園があるというのは、とてもありがたいものです。

いかがでしたでしょうか?
日本中を探しても、技術、設備、環境と、ここまで揃った所は、なかなか在りません。
京都にお住まいで、出産や子育てに不安があるのなら、一度、京都足立病院へと訪れてみてはいかがでしょうか。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)