グローバルWifi早割りはいつまでに予約すればいいの?お得な海外旅行を!

グローバルwifi早割りイメージ

この記事ではグローバルWifiの早割がいつまで有効なのか、またどうお得になるのかを検証し、記事にしています。


長期休暇を利用して海外旅行を計画している、そんな人が気にすることの1つにWiFiレンタルサービスがあるのではないでしょうか?

WiFiレンタルサービスを申込むことにより、スマホやパソコンで海外でも関係なくインターネットが利用できますよね。

今は何をするにしてもネットが必要不可欠なライフスタイルですから、海外旅行先でもネットを使いたいと思っている人は多いことでしょう。

そんな海外旅行者向けのWiFiレンタルサービスといえば、グローバルWiFiが有名です。

グローバルWifiとは
世界の200以上の国と地域をカバーしている、パケット定額制WiFiレンタルサービス

従量制ではなく定額制なのは、ネットを制限なく使いたいユーザーにとって嬉しいですよね。

このグローバルWifiには、WEB規定申込期限内で利用できる早割があることをご存知でしょうか?

その名の通り早割で申し込めば、グローバルWifiが定価料金よりも安く利用できます。

それではこの早割はいつまでに申し込めば良いのか、その目安について簡単に解説していきますね。

グローバルwIFI早割イメージ




グローバルWifiの早割って本当にお得なの?

WEB規定申込期限内にお申込みの方は早割が適用されます。

どのくらいお得かというと・・・

たとえばアメリカ4G-LTEプランの場合
定価が1,170円/日⇒早割価格が970円/日

1日200円!1週間旅行に行くなら1400円とかなりお得になりますね。

グローバルWifiの早割の期限は各受取場所ごとに異なる

グローバルWiFiの早割は各受取場所ごとにWEB規定申込み期限がそれぞれ異なりますので、その点はよく注意しておかないといけません。

それを理解しないで申し込んでしまったら、早割ではなくて定価での申し込みになってしまう可能性があります。

グローバルwifiを国内で受け取る場合

たとえば国内での受取りの場合、各空港ごとにWEB規定申込み期限がそれぞれ決まっています。早割なので、申込みがギリギリになればなるほど適用されにくくなります。

仮に4日前の申し込みなら、申込は基本的に終日可能となっています。

ですがもしも前日までズレ込んだ場合は、申込みはできても早割の対象外になってしまったり、時間が15時までに区切られていたりします。

そして当日申込みともなれば基本的に申込み不可で、申込みができたとしても早割は適用されません。

空港名4日前3日前2日前1日前
成田空港15時まで
羽田空港15時まで
中部国際空港15時まで
関西国際空港15時まで
伊丹空港15時まで
旭川空港15時まで
新千歳空港15時まで
仙台空港15時まで
静岡空港15時まで
小松空港15時まで
新潟空港15時まで
福岡空港15時まで
大分空港15時まで
宮崎空港15時まで
那覇空港15時まで
歌舞伎城(新宿)15時まで
渋谷ちかみち15時まで
総合判断!!

つまり国内での受取りを希望するなら、4日前に申込みするのが最も無難ですよね。

また3日前なら時間制限がある空港はあるものの、まだおおむね大丈夫です。

グローバルWiFiの早割を適用させたいのなら、WEB規定申込み期限内に申込むようにしましょう。

グローバルWifiの早割は?
4日前を目安に申し込もう




グローバルwifiは現地での受取りや宅配での受取りもできる

現地での受取りは、地域によってそれぞれWEB規定申込み期限が異なります。

ただ現地の場合は台湾の台北松山国際空港以外わりと余裕がありますので、申込みはしやすいといえるでしょう。

気をつけたいのは、宅配での受取りの場合です。

宅配での受取りは本州、四国、九州の方なら3日前の15時まで、北海道、沖縄、離島の方は4日前の15時までが、WEB規定申込み期限となっています。

宅配ですから直前での申込みはできないので、気をつけないといけないです。

宅配で受け取りたい場合は、期間に余裕を持って申込むようにしましょう。

WEB規定申込期限が経過してなければ、基本的に早割が適用されます。

グローバルwifi早割りイメージ

グローバルWifiは早割が適用されれば1日当たりの料金が安くなる

もしもグローバルWiFiを利用しようと思っているなら、なるべく早割が適用になるように意識しましょう。

早割が適用されることで、グローバルWiFiを利用した場合の1日当たりの料金が安くなります。

海外旅行は何かと出費がつきものですが、だからこそ抑えられるところはしっかり抑えておきたいですよね。

グローバルWifiの早割を適用させるのは決して難しい条件ではなく、先に挙げた通りWEB規定申込み期限までに申し込めばOKです。

ですので海外旅行でグローバルWiFiを利用するのなら、なるべく早めに申込むようにしましょう。

グローバルWifiは通信の容量により、4G LTE プランがいくつか用意されています。

通常、大容量、超大容量の3つです。

これらのプランに早割が適用されれば、1日当たりでそれぞれ200円ほど安くなります。

早割にするだけで1日当たりの料金が安くなるのですから、早割にしないともったいないですよね。

特に何日間も海外旅行を予定している場合は、1日当たりの料金が安くなればなるほど助かるはずです。

ギリギリまで海外旅行をキャンセルする可能性があるなら慎重にならないといけませんが、よっぽどのことがない限りキャンセルしないのであれば、グローバルWiFiの早割を狙っていくのがとてもお得ですよね。




グローバルWifiの早割はお得

もしも海外旅行でWiFiレンタルサービスを利用する意向があるのなら、グローバルWiFiの早割がお得です。

同じサービスでも申込みが早い分だけ早割が適用されますので、定価料金よりも安くグローバルWifiが利用できますよ。

海外旅行をする時は、どれだけお得にできるかを考え尽くさないといけないですよね。

それはグローバルWiFiのようなWiFiレンタルサービスでもそうで、小さいことかもしれませんが早割のことは意識しておいたほうが良いでしょう。

お得に海外旅行をしたいなら、細かい節約を積極的に行っていきたいですよね。