綾鷹を作った上林春松(かんばやししゅんしょう)本店、煎茶やほうじ茶を買ってみよう

上林春松本本店イメージ
みなみ
こんにちは、京都生まれ京都の宇治出身のみなみです。宇治出身のせいかお茶にはすこーし厳しいです

上林春松。「かんばやししゅんしょう」と読むのですが、これだけ聞いても誰かの名前なのかなんなのかわからない人が多いと思います。でも、ペットボトルのお茶で有名な「綾鷹」のCMに出ているお茶屋さんといえば「あ〜」と思い出す人が多いのではないでしょうか。ペットボトルで本格的なお茶の味を、とのコンセプトで発売されている綾鷹を共同開発したのが創業450年の宇治の老舗・上林春松なんです。甘味と旨味がひろがるおいしさにリピートして買う人も多いですよね。そんな歴史ある、みんなを虜にするお茶を葉っぱから自分で淹れて飲んでみたいとは思いませんか?実はこの上林春松のお茶、宇治まで足を伸ばせば購入できるんです。




自分好みのお茶を試飲して選ぶ上林春松本店

宇治平等院の参道にある上林春松本店。宇治茶で知られるようにお茶屋さんがたくさんあるこのあたりでも、ひときわ歴史を感じる店内に入るとお茶のいい香りにつつまれて、それだけで癒されてしまいそう。抹茶や玉露、ほうじ茶に綾鷹…たくさんのお茶の種類に悩んでいると京都らしい「はんなり」とした接客で色々なお茶の試飲させてくれながら丁寧にそれぞれの特徴や淹れ方を説明してくださります。お茶の味を一つ一つ確かめながら、きっとあなた好みのお茶を見つけることができるはず。また、店内奥にはお茶とお菓子をいただける呈茶席も。ゆっくりと座って和菓子とともにオリジナルのお抹茶を味わうことができます。

お茶の資料館 宇治上林記念館

お茶を買って、呈茶席で休憩したあとは、すぐ横にある宇治上林記念館でお茶の歴史に想いを馳せてみましょう。ここには上林家に代々伝わる茶道具や豊臣秀吉ら戦国武将から上林家に送られた書状が展示されています。かつてお茶を挽いて抹茶を作るために使われていた石臼やフィリピンからきたルソン壺、将軍家に献上する際に使われた茶壺など美術館さながらの美しいお茶壺を通して歴史を感じ、奥深いお茶の世界を知ることができます。また、築数百年と言われる「宇治茶師の長屋門」も見どころ。当時そのままの姿には歴史のロマンを感じずにはいられません。上林春松とお茶の歴史について理解が深まれば、帰ってから自分で淹れるお茶がもっとおいしく感じること間違いなしですね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)