産休・育休中に英語を勉強する人が多いワケ!私の英語勉強体験談も紹介

育休英語勉強




産休や育休に入ると何かをしよう!という人は少なくないかもしれません。

私もそのうちの一人です。産休・育休中にTOEICを勉強し、さらに資格をとりました。

そんな私の体験談を交えながら、産休・育休中に英語を勉強しようと思っているあなたに、なぜママは英語の勉強をするのか、どうやって英語の勉強をしたのか等をお伝えします。




なぜ産休・育休中のママたちは英語を勉強してるの?

英語が昇格の必須条件

TOEIC800点以上が会社の昇格の条件ということはよくあります。

ただ仕事をしているときは業務が忙しすぎて、英語なんて勉強できない!そんな人たちも多いのが現実。

そこで産休や育休という休みの間を使って英語を勉強しよう!というママは多いのです。

会社で英語を使うことがある

取引先が外国人、英語でのミーティングがある、外国人の同僚がいるなど、会社で英語を喋らなければならないという人もいます。

日常で英語を使うのであれば、この育休の間に喋れるようになりたい!というのは当然ですね。

ただ単に英語を学びたい

海外旅行へ行って英語がわからず難儀だった、歩いていて外国人に英語で道を尋ねられたときうまく答えられなかったなど会社とは関係がないけれど、英語を学びたいという人も多いかもしれません。

その場合はリスニングやスピーキングを中心に勉強するといいですね。




育休中!私の英語の勉強方法

私の場合会社の同僚が外国人だったり、取引先が外国人ということもあって英語の勉強を始めました。

せっかく勉強をするならTOEICをとろう!と思い、(学生時代にやっていた)TOEICの勉強を再開することにしました。

育休中、子供と一緒でも英語を勉強するときはある?

赤ちゃんと一緒で毎回おっぱいをあげて、着替えさせて・・・そんな中英語なんて勉強する時間はあるの?とよく聞かれますが、時間を見つければできるもんです。

むしろいつも自分が仕事をしている時間がフリーになるので、時間は見つけやすいかもしれません。

日中子供が寝たときにリーディング

私の場合日中、赤ちゃんが寝るときは30分以上寝てくれました。

なので、その間に勉強をすることが可能でした。

赤ちゃんが起きたとき、「あー!あとちょっとでこの章できたのに!」ということも多々ありましたが、スパっとやめて抱っこをしてあげていました。

日中子供がおとなしいときにスピーキング

リスニングは自分が喋れなければ聞けないという話もあり、私も昔の留学時にそれを痛感していたため、リスニングよりもスピーキングを重視することにしました。

スピーキングだと、私もしゃべって身につくし、先生も英語でしゃべるのでリスニングの勉強にもなります。

子供を育てながら効率的に英語の勉強をするには、スピーキングがおすすめです。

また、普段赤ちゃんとしか日中喋っていなければ、ストレスの発散にもなるのでおススメです!

英会話へ習いに行くと高いですが、今の時代ネットで英語の勉強ができるので、安くでスピーキングをすることが出来ます。

夜子供を寝かしつけた後にリーディングやスピーキング

ある程度赤ちゃんと昼間遊ぶと、夜結構寝てくれた!なんてことはよくあります。

また離乳食が始まったり断乳をし始めたら、よく寝てくれたなんてことも多々。

そんな時には、その日にやったリーディングの復讐や、スピーキングをしましょう。

そうすることで、次の日脳がよく覚えてくれますよね。

育休中の英語の勉強で使った教材は?

リーディングはもちろんTOEIC公式問題集

私の場合はtoeicのスコアをとり、自身でも喋れるようになる!というのが目標だったので、リーディングはTOEIC公式問題集をひたすらやりました。

リスニングはネイティブキャンプで!

少し上でもお伝えしましたが、ネットで英会話をしました。よく「オンライン英会話」と呼ばれているやつですね。

オンライン英会話はたくさんありすぎるのですが、どれにするか吟味に吟味を重ねた結果、ネイティブキャンプにすることにしました。

・予約なしでいつでも英会話ができるから

・24時間いつでもできるから

・7日間も無料で試せるから

です。

・予約なしでいつでも英会話ができるから

子供が寝る時間は何時になるかはわかりません。

けどこのネイティブキャンプは予約なしでいつでも英会話ができるので安心です。

・24時間いつでもできるから

寝た後、子供が朝起きるまでの間、いつでも24時間英会話ができるのは有り難いです。

・7日間も無料で試せるから

7日間無料だから、とりあえずどんなものか体験してみよう!とお得なことが大好きな私は思いました。良くなかったらすぐ解約しようっと!

無料ですぐに登録できるのでモノは試しだ!と思ったワケなんです。

結果、先生も優しく、私がうまく英語を喋れず、つまってしまった時も「わかりやすい英語」で誘導してくれました。

日本語が少しわかる先生だと、日本語で手伝ってしまうこともあるかもしれませんが、海外の場合そんなことはあり得ませんよね。

そのため、日本語が喋れないであろうor喋らない先生を選んでオンライン英会話を受講していました!

このネイティブキャンプの英会話は育休中に英語を勉強した私にとって、自信をもっておススメできます。




育休中に英語を学ぶよりした方がいいこともある?

会社で英語を勉強しなければならない状況の人は、育休中の英語勉強は必須なのかもしれません。

英語を学びたいなー喋れるようになりたいなーというだけの人は「オンライン英会話」でいいかもしれません。

しかしもし安易な気持ちで英語の勉強をして中途半端になるくらいなら、資格を取得するのが1番いいと私は思います。

実は筆者は育休中英語の勉強をしたことで、少しは会社の役には立ったけれど、育休中にFP(ファイナンシャルプランナー)を取得したことで人生の役にたつことができました。

この資格がきっかけで転職も成功し、家計の管理も上手になったのです。

将来の自分の給与UP

今の会社の給与UPにつながるのなら、英語の勉強はいいと思います。

また、800点以上目指せるのであれば、転職をするときにも役に立ちますよね。

ただ、軽く勉強するというだけであれば育休中に英語の勉強を経験した私はおススメでしません。

今は英語が少し話せる人ならたくさんいる時代だからです。

自分の将来の給料UPのためにも、英語以外のことを勉強し、自分の給与をUPさせる方が身のためだと思います。

産休・育休中にとれるおすすめ資格

産休や育休といった限られた時間の間でとれる資格は多くはありません。

が、少なくもありません。

産休・育休中にとれるおすすめ資格をまとめてみました。

みなさんも限りある育休の時間を大切に過ごしてくださいね!