産休・育休中にとれるおすすめ資格

産休・育休中のイメージ
みなみ
ワーママしています、みなみです。私も育休中FPを取得しました!またそれ以外にはこのサイトを始めました!(笑)

出産の際にお世話になる産休。
出産予定日の6週間と産後の8週間で、合わせて14週間ほどの期間があります。
また育休はMAX1年半も取得できちゃいますよね。

準備の良い人ですと、産休に入る前に色々な下調べや準備を終えて、いざ産休に入ってみると子供が生まれるまで暇になってしまった、なんて話も良く聞きます。

なら、そんな暇な時間を有効活用して、今後のキャリアアップのための資格を取ってみようかな?なんて考えも浮かぶかもしれません。

そんな人の為に、出産前の6週間ほどの期間の勉強でも取れそうな、お手軽で役に立つ資格をご紹介します。

産休・育休中のイメージ




仕事以外にも役立つ産休・育休にもとれる資格

資格の中には、仕事以外の事にも役立ち、勉強してみると私生活の中で有効活用できる資格が色々と有ります。

産後赤ちゃんのコーディネートもこれで完璧!【色彩検定 3級】

「色彩検定 3級」は、色に関する知識と技術を持っている事を証明する資格です。

色というのは仕事の中でも私生活でも、ファッションや飾りつけなど様々な事に関わってきますが、その色の持つ働きを理解し、役立てる事が出来る様になるのが色彩検定資格です。
3級で1ヵ月、2級でも2ヵ月程度の勉強期間で合格を狙えます。

みなみ
私も10年程前に色彩検定2を取得したんだけど、なによりよかったことは子供の服装や家のコーディネートなどすすんでみたてれるようになったこと!

色彩検定の勉強は980円で様々な資格学習が980円でウケホーダイ!【オンスク.JP】というサイトで行えます。

☑本を買うより安い!?980円で色彩検定を取得!?

☑受け放題がうれしい!

産休中に家計について考える【ファイナンシャルプランニング技能士(FP技能士)】

「ファイナンシャルプランニング技能士」は、国家資格の一つです。
字面が長すぎるので「FP技能士」と略される資格ですが、内容は資産の運用や貯蓄に関する知識などの技能を証明する資格です。

投資や不動産に関わる物だけでなく、年金や税金などの個人でも有用な資産運用に関する事を学び活用できる様になるので、仕事でも家でも役に立ちます。
FP技能士3級は、2週間前後の勉強で十分に合格ラインを狙えます。

みなみ
これはとっておいて損はないよね!家族の家計を守るため、知っといた方がいいことがたくさん詰まっている資格だよ!

FPの勉強は980円で様々な資格学習が980円でウケホーダイ!【オンスク.JP】というサイトで行えます。

☑本を買うより安い!?980円でファイナンシャルプランナー(FP)を取得!?

☑受け放題がうれしい!

産休中にFP(ファイナンシャルプランナー)の資格をとった方がいい4つの理由

2018.11.06



産休や育休にも役立つ!子育てや私生活に活用できる資格

出産前にとっておきたい資格【ベビーシッター資格・ベビーフードコンサルタント】

ちょうど出産を控え、子供の扱いを勉強しているのであれば、ついでに「ベビーシッター資格」や「ベビーフードコンサルタント」も取ってしまいましょう。

ベビーシッター資格は、国家資格ではありませんが、認定団体によっては取得と勉強方法が簡単な物も有ります。
種類によっては、テキストを見ながら自宅で試験を受けられる物もあります。また、ベビーフードもとっておいて損はない資格だと思います。赤ちゃんを産んでから5-6カ月で始まる離乳食でも役立ちますね。

たった1カ月で肩書きを手軽手に入れられるから、副業や独立など新たな一歩に役立ちます。また、愛しいわが子にも役立つ資格といえます。
ベビーシッター資格・ベビーフードコンサルタント資格なら、formieというサイトでオンラインで勉強できますよ!忙しい中オンラインというのは大変うれしいですね!

・ベビーシッター資格取得ならこちらこちら
・ベビーフードコンサルタントの資格取得ならこちら

☑1カ月で勉強ができる!
☑オンラインで勉強!

産休中に癒しを求める資格をとるなら【アロマテラピー検定】

これもも女性に人気の資格です。
アロマテラピーの効果を知り、それを有効活用できるようになる資格です。
これから待ち受ける子育ての最中の疲れを癒したり、気を落ち着かせたりと、私生活の面でも役に立つでしょう。
出題内容もさほど難しい物では無く、1級でも2週間前後の勉強時間で合格できます。

いかがでしたでしょうか?
資格は、業種や職場により必要になってくる物が色々と有ります。
職場での経験や趣味の知識を活用して取れる物も多いので、ぜひ、産休の期間を利用して自身に合った資格を取ってみてください。

アロマテラピーの勉強は980円で様々な資格学習が980円でウケホーダイ!【オンスク.JP】というサイトで行えます。

☑本を買うより安い!?980円でアロマテラピー検定を取得!?

☑受け放題がうれしい!




 

需要が多く産休中・育休中にも簡単に取れる資格

資格の中には、取得が簡単だけれど職場によっては必須な物や、汎用性が高い物が多くあります。

産休中簡単にとれる資格なら【防火管理者】

「防火管理者」の資格は、30人以上の不特定の人が出入りする建物か、50名以上の特定の人が利用する建物であれば、かならず必要になる資格です。
この資格の取得には試験は無く、1~2日の講習を受けるだけで取得できます。

1日でとれる資格なら【食品衛生責任者】

「食品衛生責任者」も簡単に取れる資格の一つで、「防火管理者」と同じく、業種と場所によっては必須となる資格です。
1日の講義の後に5問程度のテストを受ければ取得できます。

産休中に国家資格!?【ITパスポート(iパス)】

「ITパスポート(iパス)」は、ITに関する技術だけでなく、セキュリティからマーケティング、マネジメントに至るまで、幅広い知識を持つことを証明する国家資格です。
難易度としても難しい物では無く、パソコンを使っている人であれば100時間程度の勉強時間で合格を狙えます。

産休中にパソコンのお勉強【マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)】

「マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)」も需要が高く、パソコンで事務仕事に携わっていたのであれば簡単に取得できる資格です。
エクセルができれば家計管理も楽だし、家族にとってもいいですよね。

上記の「iパス」と「MOS」を合わせて、両方狙ってみるのも良いかもしれません。




産休中のキャリア変更に役立つ資格【医療事務認定実技者】

「産休や育休から社会復帰したいが、なかなか職が見つからない」というケースは少なくありません。
そんな時、やはり医療系の資格を持っていると、社会復帰には強い武器になります。
比較的安定した給料と勤務時間が見込める医療事務は、家庭と両立しやすい事から、女性達から圧倒的な人気を得ています。

産休中、今後のためにとっておいて損はない資格【介護事務】

高齢化社会が囁かれる昨今、介護施設は年々増え続け、この先の未来ではますます人手が必要となります。
そんな日本の社会情勢を踏まえ、介護に関する資格を取得しておく事は非常に賢明な選択です。
介護事務の資格では、レセプト作成や介護に関する手続きなど基本的な事務作業を学べ、就職活動にも有利な資格です。

飲食店での経験を生かす資格なら【調理師免許】

現代には飲食店のみならず、学校や施設など、調理に関わる仕事が溢れています。
そんな中、調理師免許の資格は合格率も高く挑戦しやすい上、身に付いた知識を家庭で活かす事も出来ます。
調理師免許は実務経験が2年必要となるため、飲食店でのパート経験がある女性にはうってつけの資格です。



就職率が高い資格【歯科助手】

歯科関係の仕事は就職率が高く、歯科への就職を目指す若者は年々増加しています。
給料や勤務時間が安定している上、歯科助手の資格を持っていれば全国どこでも仕事を見つける事が出来ます。
また、アルバイトやパートの求人も豊富に存在するため、すぐに社会復帰をする事が可能です。

産休中に一目おかれたいなら【インテリアコーディネータ】

アパレルや雑貨店など、オシャレな職場への社会復帰を目指す女性へおすすめの資格です。
インテリアコーディネーターは社会復帰の際に即戦力として評価されるため、一目置かれる資格だと言えます。
比較的合格率が高く、家事との両立も難しくない事から、受験に挑戦する女性が年々増加しています。

産休中に開業を目指すなら【ネイリスト技能検定試験】

オシャレや美容が大好きだという女性におすすめの資格です。
ネイルアートはいつの時代も女性からの高い需要があるため、活躍の場を広げやすい資格です。
資格の合格をきっかけに、独立でのサロン開業を目指す女性も珍しくありません。

産休中手に職をつけたいなら【CAD利用技術者試験】

手に職を付けたい女性におすすめの資格です。
CADの仕事には「デザイナー(設計)」と「オペレーター(製図)」の2種類があり、設計関係や建設会社で幅広く活躍出来る仕事です。
また、「未経験可」や「ブランク可」の求人も多いため、社会復帰へのきっかけに受験する女性が増えています。