【京都室内遊び場】大人の香りがする「南座」へ行ってみよう!

京都室内遊び場南座イメージ
みなみ
こんにちは、京都生まれ京都育ち、京都っぽい人はだいたい友達(笑)、みなみです。すみません、ちょっと調子のりました。

京都の四条河原町の川沿いの角に有る南座は、出雲のお国の踊った場所として有名で、つい最近耐震工事をして立て直したばかりの劇場です。
毎年12月には歌舞伎の興行で「顔見せ」が有り、京都の芸子さんや舞妓さん等も総見し華やかな客席になります。
普段は松竹がらみの演劇やコンサート等の公演が催され、沢山のスターさん達が舞台に登場したり、東映太秦で撮影している俳優さん達が舞台を見に来る事もしばしば有り、
公演に出演しているキャスト以外にも客席で有名な人のプライベートの姿を見る事が出来たりして、二度美味しい思いを出来る事が有る劇場で、その外観や客席の風情は日本情緒溢れているので作品以外にも楽しめる空間なのです。

どちらかというと子供にとっては退屈に感じられる場という感じもするので、大人の方が楽しめる可能性は高いと言えますね!
基本的には日本の伝統芸能に関してのものとなっていますが、その時々によって公演内容が変わるため、何をやっているのか?
を逐一確認してから、京都の南座に向かってみましょう!

観光地や雨の日のスポットとしておすすめ

京都にある南座は基本的には室内で楽しむ場所なので、天候は関係ありません。したがって、雨の日でも開催されており、十分に楽しめる場所なのです。
雨の日の休日に出掛けることも可能ですし、デートスポットなどで雨の日に訪れたりするというのも良いのではないでしょうか?
また、京都に住んでいる人だけではなく、観光客にとってもおすすめの場所ということが言えますね!
京都の雰囲気を特に感じやすい場所という意味ではこういった場所は最適でしょうね。
日本の伝統芸能を通じて和を実感しやすいと思うので、非常におすすめです!




アクセスがとても良く、終演後の観光や食事に便利

四条大橋のほとりと言う立地条件で、舞台感激の後は有名な先斗町もすぐ目の前に有り、夏場は観劇の後に河原の床で食事を楽しむ事も手近に出来るのが粋な遊び方です。
少し足を伸ばせば祇園の町並みが京都の風情を楽しませてくれます。祇園を歩いていると舞妓さんとすれ違ったりする事も有り、外国の観光客の人も振り返って見ている様子も窺えます。
歌舞伎等の芝居の中で見た和服姿の人も少なく無いので、日本の風情を楽しむには数少ない絶好の土地柄と言えます。
八坂神社に向かう道には、お土産物のお店も多く点在していて、純和風の様々なお土産も容易にゲット出来る場所なのです。

観光で来た人も、デートなどで来た人も、ついでにその近くで食事ができれば便利ですし、京都を感じやすい場所にあるというのもおすすめのポイントと言えますね。

南座の公演演目

松竹の公演が殆どなので、歌舞伎を中心に松竹新喜劇やOSKの芝居とレビューや劇団新派等の古くから有る松竹の劇団の公演を中心に、
松竹制作の名作の数々がラインアップされていて、しっかりとした演劇を鑑賞する事が可能な劇場です。
きちんとした花道も有り、客席後ろから主役が登場する等なかなか見る事の出来ない見せ方をしてくれるので、楽しみも増えますし、
歌舞伎等なら「大向こう」と言う客席後ろから観客が役者に掛ける「成田屋」等の屋号や俳優名、「日本一」「たっぷりと」等の独特の声が芝居を盛り上げてくれる事間違い無し!
又、終演後に飲みに行くと出演者もホテルに宿泊している場合が多く同じ飲み屋でばったりと会えてしまう場合も少なく無いので、事前に調べて美味しくてお目当ての出演者の色紙が飾ってある店に行けば、プライベートの役者さんの姿を拝めるかも知れません。

みなみ
上手く行けばサインを貰えるチャンスですね!笑