【俵屋旅館】 公式ホームページを持たない京都の極上旅館

京都俵屋旅館
みなみ
こんにちは。京都在住のみなみです。この前京都に住んでいるくせに誕生日のプレゼントで俵屋旅館の宿泊をプレゼントされたの♡公式ホームページがないからこそ、伝えなきゃと思って頑張って伝えるね!

日本の中でも歴史が古く、そして風光明媚な観光地である京都・・・名所と呼ばれる所は数知れず、とてもではありませんが1日で回りきる事は不可能ですよね!

ちなみに観光の際、お世話になるのがホテルや旅館などの宿泊施設ですが、京都に数多くある宿の中に「御三家」との呼び名を冠する旅館が有るのはご存知でしょうか?!京都俵屋旅館その御三家の中に、創業300年の歴史と伝統を誇る旅館「京都 俵屋旅館」があります。
現代では珍しく、公式のホームページなどを持たず、繁盛期でも宿泊料金の変更をせず、建物を大きくするわけでも無く客室数も20と無い。

だと言うのに、その名声は京都の中で随一の物で、国の内外問わずにVIP御用達の定宿となっている。

そんな少しミステリアスな名声と経営方針を持つ、京都にある極上の宿「俵屋旅館」をご紹介していきますね!

京都で最も古い歴史を持つ旅館

俵屋旅館のある場所は京都御苑の南、中京区の御池通りと麩屋町通り付近にあります。

元々、京都御苑自体が江戸時代に公家の屋敷が立ち並ぶ所だった場所で、直ぐ近くには京の台所といわれる錦市場もあり、それらに挟まれる様に旅籠も建ち並びました。
現代でも、その街並みの役割と区分けが色濃く残っており、麩屋町通には京都の名旅館が多くあります。

京都での立地条件と創業300年の歴史を見ても分かる様に、俵屋旅館は様々な歴史的な著名人を迎えています。古くは大名や公家の旅籠として使用され、伊藤博文や大久保利通と言った日本史に名を遺す人物も多く宿泊していました。

京都俵屋旅館のお客さん

国外からも京都へと人々が訪れる様になると、国賓として招かれた諸外国の国王やアメリカ元大統領や、ロスチャイルド家やロックフェラー財団などの人々、有名な映画監督であるスピルバーグやヒッチコック、俳優であればリチャード・ギアやトム・クルーズにキアヌ・リーブスなど、歴史的な人物は勿論、富豪から著名人まで挙げると限が有りません。

そして、それらの宿泊者の中で頻繁に日本を訪れる人は、俵屋旅館を定宿として使う様になりました。
その結果、日本文化に造詣が深い人々の間で話題に挙がり、著名人の回顧録に旅の思いでとして登場したり、旅雑誌のみならず畑違いでもある世界的な経済誌にまで取り上げられる様になったのです。

その彼等の言葉を借りますと、曰く「俵屋にホテルの原型を見た」「控えめな佇まいの世界最高ホテル」との事です。

みなみ
つまり、極上の旅館ということだね

風情があり目を惹く物が多い、俵屋旅館の館内

麩屋町通を通り、錚々たる利用者の顔ぶれを思い浮かべながら俵屋旅館の前へと辿り着くと、その外見を見た時に驚く事になるでしょう。
俵屋旅館の見た目は豪華さとは真逆の、大きくもなく古びた建物なんですよね。

しかしながら、その細部へと目を凝らすと隅々まで手入れが行き届いており、歴史を重んじた格式のある家屋だという事が分かります。その凛とした佇まいの門口を潜り、下足番の方と番頭さんに導かれ館内へと足を踏み入れると、外の雑踏とは隔絶された趣のある穏やかな別世界へと案内されます!

古い日本の家屋を思わせる柔らかい光に照らされた館内は、落ち着きのある風情豊かな装いの中に、どこか華やかさと雅な雰囲気を感じる作りになっていて、坪庭には季節の花が彩られ、月毎には館内に配置されている美術品も変更され、その季節との調和を乱す事無く館内を飾っています。

京都俵屋旅館館内の要所には共用スペースがあり、他ではお目に掛かれない蔵書を取り扱った図書室の他にも、ご当主の夫である故アーネスト・サトウ氏の書斎を開放した部屋や、庭を眺める小ラウンジなどの癒しの空間が随所に設けられているんです!

俵屋旅館のお庭ゆったりと館内を歩き、共有スペースでくつろいでいると目を惹く美術品の数々は、そのどれもが一級品であり美術館で展示されていてもおかしくない物ばかりで、俵屋旅館の建物自体も有形文化財に登録されているほどです。

みなみ
ほんと凄い宿なんだね

俵屋旅館の客室は落ち着いて快適すぎる!

基本的な客室の作りは数寄屋造りを基本としているのか、落ち着きと安らぎを旨とした作りと内装をしており、豪華さはなくとも穏やかな空間を感じさせます。

京都俵屋旅館一見、その茶室の様なわびさびを備えた部屋の様に見えても、部屋の中には現代の宿に必須な設備がしっかりと整っており、テレビや空調設備は勿論、軽い飲み物などを用意してある冷蔵庫やネットのWi-Fi環境もあり、それらは部屋の雰囲気を壊さない様に工夫を凝らしてあります。

部屋によっては庭へと面しており、専門の庭師が剪定した庭を眺めながらソファーに座りお茶を楽しみ、備え付けの草履を履いて庭に出る事も出来ます。

京都俵屋旅館の庭

大浴場などはありませんが、客室のそれぞれには全てに高野槙のお風呂が備え付けられており、その湯に使われる水は井戸水をくみ上げた物を使い、肌に吸い付く様な滑らかな水質と共に高野槙の良い香りが漂い、旅の疲れを癒しリラックスさせてくれます!

京都俵屋旅館のお風呂客室へと通され、一息ついて座椅子へと腰を据えた頃、俵屋旅館で必ず味わっておかねばならない、お着き菓子の「わらび餅」がお茶と共に客室へと運ばれて来ます。

京都俵屋旅館

みなみ
一口食べると虜となる食感と味♡俵屋旅館ってわらび餅屋さんだったの!?(笑)

夕食と朝食に関しても、ただ高級な食材を使えばいいという安易な真似はせず、その時期が旬であり最高に美味しい食材を、これまた最高に味わえる料理法で仕上げ、そして最高のタイミングで出してくれます。
それらの物を体験すると、施設のみならず食に関する所まで俵屋は手を抜かない事が分かります。

宿泊料金としてはオールシーズンで、二人一部屋なら1泊10万円ほどから、一人一部屋なら1泊7万円くらいから宿泊が可能です。歴史や過去の利用客の凄さや、細部にまで行き渡った「おもてなしの心」を考えますと、かなりリーズナブルに感じてしまいます。

独自のブランドへと昇華されたデザートやアメニティ

俵屋旅館は、客室に用意されているアメニティの数々も厳選された物であり、お迎えする人の事を考え妥協を許さない品質管理で、市販の高級品でも納得出来ない物に関しては俵屋独自の物を作り上げて提供しています。

特に、宿で生活するうえで重要な「心地よさ」に関わる物には一番に力を入れており、肌触りの良い掛け布団や一万個もの繭を使い作られた敷布団などの寝具、成分と香りに拘って20種類以上ものハーブを使って作られたオリジナルの石鹸などは高い評価を受けています。

京都俵屋旅館石鹸これらの俵屋旅館のオリジナルの品々を体験すると「もっと味わいたい」「家でも使いたい」となってしまうのは当然の事で、館内で販売するコーナーも設けられました。
ですが、俵屋旅館自体が大人気の宿と言う事も有り、簡単に宿泊予約が取れるわけではありません。
そこで、宿泊できなかった人々の要望に応えるため、俵屋はオリジナルブランドのアメニティを販売する「ギャラリー遊形」と、宿泊客を虜にしたわらび餅などのデザートを提供するカフェの「遊形サロン・ド・テ」を開店する事にしたのです。

「ギャラリー遊形」の人気商品は、やはり俵屋旅館のお風呂でお世話になった石鹸の「サボン・ド・タワラヤ」ですね!

京都俵屋旅館の石鹸寝具やクッションなどの物も素晴らしいですが、それらの物は一度買えば長年使えますが、毎日のお風呂で使う消耗品である石鹸は、お土産としても贈り物としても高い人気が有り、多くの人が定期的にギャラリー遊形を通して取り寄せています。

この「ギャラリー遊形」と「遊形サロン・ド・テ」が出来た事で、俵屋旅館の予約が取れなかった人でも、気軽に俵屋旅館の高品質のアメニティや寝具を購入して、美味しいデザートなどを楽しめる様になりました。

みなみ
旅館の予約がとれなくても俵屋旅館が感じられるのでうれしいね!

俵屋旅館の事をご紹介しますと、この他にも色々な事柄があるのですが、俵屋は本一冊を丸ごと使って特集される程の宿ですので、ここでは書ききれません。

スケージュールに合わせて俵屋旅館の予約が取れたのであれば、是非ともご自身で体験して頂きたいと思いますが、運悪く駄目だった時は、ギャラリー遊形で石鹸を買い、遊形サロン・ド・テでわらび餅とお茶を楽しんで我慢しましょう。

※ちなみに現在俵屋旅館の予約をネットでできるのはJTBのみとのことです俵屋旅館の予約はこちら(JTB公式ページへ)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)