産休中にFP(ファイナンシャルプランナー)の資格をとった方がいい4つの理由

産休中のFP資格イメージ
みなみ
産休中にFP(ファイナンシャルプランナー)資格を取得しました!みなみです。そんな私だからこそ言える、産休中に産休中にFP(ファイナンシャルプランナー)資格を取得した方がいい理由をお伝えするね!




産休中にFPをとった方がいい理由①手に職がつく

自由な時間が増える産休中、社会復帰や自己啓発の為に資格をとる女性が増えています。中でも特に人気なのが、FP(ファイナンシャルプランナー)の資格です。

FPの資格が人気である最大の理由は、何といっても「手に職がつく」という点です。

FPとは、相談者の住宅ローンや保険などの「経済的な悩み」に向き合い、よりよいライフスタイルを提供する職業です。税金、投資、住宅ローン、不動産、教育、老後、相続など、ありとあらゆるお金に関するプロです。

相談者の立場になって様々なアドバイスや資産設計を行い、そのサポートをしていくという、人々の生活にとって重要かつ欠かせない存在なのです。さらに、FPの知識は金融業界や不動産業界でも役に立つ為、資格を持っていると幅広い業界へのアピールが出来ます。

所有していれば幅広く活躍する事ができ、働き口も広く、多くの人の役に立つことが出来る資格。そんなFPの資格は、「手に職をつけたい!」という女性から圧倒的な人気を誇っています。

産休中にFPをとった方がいい理由②自分の生活にも役立てる事が出来る

みなみ
私が一番に考えたのはこれ!子供ができて保険を悩んでいるときに、FPをとった方がより保険について理解できるのでは?と思ったの

FPの資格は、お金に関する知識を全般的に学ぶ為、得た知識を自分の生活にも役立てる事が出来ます。産休中の女性は普段家計をやりくりしているからこそ、お金という物は非常に身近な存在ですよね。

さらに、住宅ローンや保険、教育などは、産休中である女性がまさにこれから関わっていく存在でもあります。その為、FPの知識を学びながらも、自分や家族の生活にも役立て、ライフスタイルの改善や対策に繋げる事が出来るのです。

初級編の3級は比較的合格率が高い為、気軽にチャレンジ出来る点も魅力的です。




産休中にFPをとった方がいい理由③社会復帰のチャンスが広がる

FPの知識は様々な業界で役立てる事が出来る為、働き口も広く、同時に社会復帰のチャンスも広がります。求人を見てもFPの資格所有者を求めている企業は多く、FPの資格はそれだけ強力なアピールになるという事が分かります。

さらに、FPの資格を生かして独立開業をする事も可能です。

独立開業の場合は自分のペースで会社を運営する事が出来る為、産休前にキャリアウーマンだった女性など、上昇志向が高い女性におすすめです。

そんなFPの職業には、実は女性が多い事をご存知でしょうか。「お金」という時に重い悩みを相談する際、物腰柔らかな女性の方が受け入れられやすいのです。そういった点においても、女性にとってFPの資格を所有しておく事に損は無いと言えます。

産休中にFPをとった方がいい理由④給料がアップする!?

産後の社会復帰の際、新しい就業先を探すのではなく産休中の会社に復帰する場合、FPの資格で給料がアップする場合があります。

FPの資格は幅広い業界で歓迎されている為、資格給として給与アップの対象である企業が多いのです。産後は何かと支出が多くなる為、少しでも給料がアップすると嬉しいですよね。

「産休前は仕事に追われ、資格をとる時間など無かった!」という方も多いのでないでしょうか。時間に自由がある産休中だからこそ、これを機に資格取得にチャレンジし、スキルアップに繋げましょう。




産休で暇をもてあましている貴方へ!趣味を作ってhappyに

2018.11.02

産休・育休中にとれるおすすめ資格

2018.07.14