会社に産休の内祝いを渡す前にしっておきたいこと

産休会社への内祝いコツ

もしも勤めている会社で産休を初めてとった場合、内祝いの渡し方がよくわからなくて戸惑うかもしれませんね。内祝いはそう頻繁に行うことではないですし、産休の内祝いともなればなおのことそうでしょう。
内祝いについてよくわかっていなくても、経験していないなら普通はよく知らないですよね。

ですがだからこそ内祝いをどのように行うのかは、もちろん知っておいたほうがいいです。
そこで内祝いの挨拶、渡し方、そしておすすめの商品はどれなのか主に3つのパートに分け、これから紹介していきます。
会社に産休の内祝いを渡す人は、参考にしてみて下さい。




産休の内祝いに関する会社への挨拶について

産休の内祝いに関する挨拶はさまざまですが、出産後1ヶ月までを目途に挨拶するのが一般的となっていますね。挨拶については上司や同僚や部下など、職場で関係する人に対して行うのがやはり礼儀だといえるでしょう。

また挨拶としてお礼状だったり、メッセージカードを内祝いの贈り物に添えると気持ちが伝わりやすいですよね。挨拶が万が一遅れてしまった自覚がある場合はそのことに触れておくのも、礼儀として覚えておきたいことです。

産休会社への内祝い

挨拶をしておくことで感謝の気持ちを伝えられますので、なるべく欠かさないようにまんべんなく行うことを心がけるのがおすすめです。会社の人は出産に関していろいろと心配しているでしょうから、安心させてあげられるような挨拶を行うことが大切です。

産休の内祝いを会社へ送る前に挨拶を簡単にすますコツ

出産後、バタバタしているのに内祝いを選んで送っている暇なんてありませんよね。そんなときには、生まれた子供の写真と「産休前はお世話になり、ありがとうございました!無事生まれました!」と一言を連絡すれば、会社の上司や後輩、同僚も安心するはず。また生まれたての子どもの写真をみせることで親近感もわき、復職後、子供の熱で休んだりしてもわかってくれるはずです。とりあえず、写真と生まれた報告だけサラッとしちゃいましょう。




産休の内祝いの会社への渡し方について

産休の内祝いの渡し方をどうすればいいのかは迷ってしまうところですが、やはり挨拶と同様出産後から1ヶ月を目途に渡すのが好ましいといえるでしょう。

ただ出産後は安静にしていないといけませんので、無理をしてはいけません。体調と相談しながら、調子の良い時に内祝いを渡したほうが相手にも気を遣わせないですよね。

内祝いの渡し方ですが、贈り物はしっかりとした紙袋に入れて持っていくのがおすすめです。
そして会社に行った時、紙袋から贈り物を出して渡すようにしましょう。

職場の親しい同僚なら細かいことは気にしないかもしれないですが、お世話になっている上司などはやはり礼儀を欠かないようにしたほうがもちろんいいです。そしてもしも相手に時間の余裕がありそうなら、近況報告も兼ねて渡すと喜ばれます。

生まれた赤ちゃんの写真を見せたりするのも、いいかもしれません。今どんな状況なのかを伝えることも、産休の内祝いを渡す時には意識しておきたいですね。そのほうが職場の人たちも安心しますよ。

産休の内祝いを渡すのを簡単にすますコツ

産休会社への内祝いコツ

会社が家から近い場合はいいのですが、少し遠い場合は渡すのがおっくうですよね。そんなときは会社宛に内祝いを送ってしまいましょう。「本日つまらないものですが、内祝いを送らせていただきました、みなさんで食べてください」などと事前に連絡をしてておけば、会社の人も驚かないですみます。




産休内祝いのおすすめ商品をアマゾンから紹介

お祝いの定番!お菓子の詰め合わせ

まず紹介したいのは、内祝いの定番であるお菓子の詰め合わせです。
アマゾンでは内祝いに使えそうなお菓子がたくさん販売されていますが、それらの中でも「コロンバン ロイヤルアソートメント 24個入」は内祝い向きの詰め合わせセットです。

プレーンパイ、マカロンバニーユ、クリームサンドショコラなどが入っている詰め合わせなので、見た目がとても華やかです。

お菓子ですから職場の人みんなで食べられますし、甘い食べ物がよほど嫌いな人でなければ大丈夫なはずです。

メーカーのコロンバンは1924年創業の歴史ある老舗ですので、高級感や格式の面においても十分なのは間違いありません。

それでいてアマゾンで買えば価格は手頃ですから買いやすいですし、産休内祝いにお菓子を選ぶならおすすめの商品です。

もしもお菓子以外で内祝いを選ぶのであれば「ブルーム 今治タオル 認定 ナチュラルボーダー フェイスタオル 4枚セット」がアマゾンでは人気になっています。

今治タオルですから品質はお墨付きですし、タオルですから使い勝手がとてもいいです。
ナチュラルボーダーのカラーが何種類か用意されていますので、それらの中から選ぶこともできます。

職場の中で特にお世話になっている人に対して個別にタオルを渡す、そんな時にこのタオルを内祝いにするといいかもしれません。

タオルは実用的ですからどの家庭でも使われる機会は多いですし、無難かもしれませんがその分喜ばれやすいのは確かです。

食べる物以外で出産内祝いを選ぶなら、やはりタオルが王道だといえるでしょう。

産休の会社への内祝いに関するあれこれを頭にしっかりと入れておけば悩まない

産休に入ったら子どもが生まれてくることに全力で向き合うことになりますので、内祝いのことまではなかなか考えられませんよね。

ですが内祝いのことはやはり考えておかないといけませんので、最低限でも構わないですからしっかりと準備をしておきましょう。

どのように挨拶するのか、内祝いをどう渡すのか、何を渡せばいいのかなど、内祝いに関して考えることは思いのほか多いですよね。

産休に入る段階から内祝いについてしっかりと考えておき、いざ内祝いを渡す段階になってから慌てないようにしておくことが大切です。

産休が明けたら職場には復帰するわけですし、職場の人への配慮を忘れないようにしないといけませんよね。

出産をするのは大変なので苦労は多いですが、周りの人と協力して準備を進めておけばスムーズに対応できます。