元トップ証券レディが教える!ほったらかし投資とは?

ほったらかし投資証券




ネイルやマツエク、美容室に毎日の化粧・・・働く女性は男性より忙しいですよね?またママになったら育児や家事・・・忙しすぎます。この記事では証券会社で常に表彰を受け続けた元トップ証券レディが教える女性のためのほったらかし投資、【社債】という投資について紹介します。




社債ってなに?国債とはどう違うの?

ほったらかし投資証券

少しだけ難しい話になるかと思いますが、将来自分自身が、家族がhappyになるために頑張ってついてきてくださいね。

【国債】というのが、国家が発行する債券、【社債】は企業が発行する債券のことを言います。

これを踏まえて、【債券】についてお話します。

債券とは、国家や公共団体・銀行・会社などが、事業に必要な資金を借り入れるため発行する有価証券のことです。

債券の仕組みを簡単に説明すると、お金を借りたい国家や会社などが投資をしたい人に、【債券】を通してお金を借りるという仕組みです。

お金を借りたい国家や会社などは、お金を借りる見返りとして一定期間(満期までの期間)、決められた利子の支払いをするのです。

一定期間(満期までの期間)が終わると、お金を借りたい国家や会社などの【債券を発行したところ】が破綻しない限り、債券の額面金額(一般的には債券の最低申込単位)が払い戻されるという仕組みです。

つまり、新たに発行された債券を100万円で購入すると、(発行したところが破綻しない限り)満期まで保有すれば100万円で払い戻されるということです。

債券を保有している期間、利子が支払われ、かつ満期まで保有すれば額面金額で払い戻されるので、株や投資信託よりも比較的安全性が高い商品と言われています。

ただし、満期になる前に債券を売ると、額面金額よりも下回ってしまう可能性があるので、基本的には満期期間は置いていていいお金で債券を買うことをおすすめします。(つまり、ほったらかしにしておいていいお金で購入することをおすすめします)

いつ買ったらいいのか、いつ売ったらいいのかを悩む株と違い、債券だとほったらかしで利息もつくので、忙しい女性にとってうれしい商品と言えますね。




社債の利率は定期預金よりいい?

ほったらかし投資証券

一般的に社債の利率は大手銀行の定期預金よりも高いことがほとんどです。

社債の例を見てみると
2019年3月イオンモール株式会社が満期5年の社債を発行しました。

利率は0.3%(税引後0.239%)です。

例えば三井住友銀行でこれから定期をしようとする人は、5年満期で0.01%(税引後 約0.0079%)しかつかない(2019年3月25日現在)のでイオンモール株式会社の社債と三井住友銀行の定期の利率は約30倍違うことになります。




社債はどこで買えるの?元トップ証券レディの体験談も紹介!

社債の購入の仕方

社債を購入するには、証券会社の口座を開設しなければなりません。

また社債はいつでも発行されているものではないので、証券会社の口座を開いておき、社債が発行されたら購入するというのもおススメです。

元トップ証券レディの体験談

私はかつて証券会社で勤務をし、投資信託や株、債券などの金融商品を販売し約150人の同期の間で1位になり新人賞をいただきました。またその後も半期の表彰のたびに常に表彰をしていただきました。

ここだけの話ですが、そんな私が女性のお客様に「この銘柄の投資信託を買いたい!」「こんな種類の投資信託があったら教えて!」と言われたことは少ししかありません。

しかし、女性のお客様から「この社債を買いたい!」「ここの社債がでたら教えてよ!」と言うのはよく言われていました。

証券会社に口座を持つ忙しい女性のお客様にとって、投資信託や株と違い、ほったらかしに出来る社債はニーズが高い商品といえますね。