カフェインは抹茶でとろう

お抹茶

なんだか体がだるい、頭が上手く回らない、妙に元気が出ない……

そんな時はコーヒーや栄養ドリンクなどでカフェインを摂る、なんて人は多くいます。
しかし、眠気を吹き飛ばし頭がスッキリしたとしても、それらの飲み物は健康には良いのだろうか?と不安になります。

でも、カフェインを摂れる物は他にも有りますよね?
そう、日本人には馴染み深い緑茶もカフェインを多く含んでいます。
そんな緑茶の中でも「抹茶」は健康的にカフェインを摂る事ができるのです!

今回は、そんな抹茶の良い所をご説明していきましょう。

秘密は抹茶の製法にある!

抹茶は知っていても、それ自体の製法はどんな物かは知らないって人はそれなりに居ます。

一般的な緑茶の場合は、茶の葉を収穫した後、蒸して揉んで乾燥させ、それをお湯で抽出した物を飲みますが。
抹茶の場合は、収穫した茶葉を蒸した後に揉まずに乾燥させて、その茶葉を石臼で挽いて粉末にした物を湯に溶いて飲む事になります。

茶葉から抽出しただけの物を飲むのと、茶葉自体を粉末にした物を飲むのとでは、当然、葉自体が持つ栄養を取り込む量が大きく変わる訳です。

お抹茶

抹茶にはカフェイン以外にも栄養がたっぷり!

抹茶は茶葉の全ての栄養を摂取できる事を説明した所で、次に茶葉の成分を説明していきましょう。

一般的な緑茶に代表される煎茶と抹茶を比べると、カフェインに関しては抹茶は約1.5倍、ビタミンCや他のビタミン類の含有量も抹茶では10倍にまで高まります。
その他にもカルシウムは100倍以上、茶葉自体を飲む事になるので他の緑茶では摂取出来ない食物繊維も多く含みます。
茶の成分として有名なカテキンやタンニンも豊富です。

ビタミンCは勿論の事、カテキンや食物繊維、各種ビタミンとミネラルは美容にも健康にも役立つ事は明白ですが、抹茶の持つ栄養価はその他の健康食品や野菜や果物よりも分量も吸収率も高かったりします。

カフェインの効能も簡単に説明しますと、覚醒作用、代謝の促進、抗酸化作用とあるのですが、この代謝の促進と抗酸化作用はアンチエイジングに効果的な物でもあります。
そして抹茶に含まれるビタミンCや食物繊維も美容と健康に効果が高く、カフェインとの相乗効果を考えると、抹茶は大変優れている事が分かります。

美味しくても採り過ぎには注意

ご存知の通り、抹茶は食材としても大人気です。
スーパーやコンビニに入って少し探せば、何かしらの抹茶を使った商品が目に入る事でしょう。
今では、カフェやレストランでも抹茶を使ったメニューが豊富にあります。

しかしながら、カフェインの採り過ぎと甘い食品には注意が必要です。
過ぎたるは及ばざるがごとしと申しますし、美味しいからと飲みすぎたり食べ過ぎたりしたら、眠れなくなりますし体重も増えてしまうかもしれません

食べるのも良し、飲むのも良し、そんな抹茶でカフェインを摂るついでに健康的な栄養も摂取し、ご自身に合った物で抹茶を楽しんでくださいね!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)