赤ちゃんから大人まで楽しめる!京都宇治にある遊び場[太陽が丘

太陽が丘のイメージ図




0歳児~楽しめる運動公園「太陽が丘」

競技場があり大会等で使用されているので、京都出身の方なら、学生時代部活で行ったことがある人も多いのでは?
「太陽が丘」の名前が有名ですが、正式名称は「京都府立山城総合運動公園」です。
そんな太陽が丘は、利用料無料の0歳児~小学生のお子さんや中高生むしろ大人まで楽しめる運動公園!
年の離れたお子さんがおられるママにもおすすめの遊び場スポットです。

太陽が丘ってどんなところ?

太陽が丘は、総面積約108ヘクタールの総合運動公園です。
公園内に4種類のテーマからなる「自然ゾーン」があり、子どもが楽しめるレクレーションゾーンになっています。
また、夏にはプール施設も解放されるので、夏休みに行ってみるのもおすすめの遊び場です。

太陽が丘のイメージ図

おすすめスポット「自然ゾーン」

太陽が丘のおすすめスポット「自然ゾーン」は、「冒険の森」「遊びの森」「ふれあいの森」「ふるさとの森」の4テーマに分かれています。

・「冒険の森」
大遊具がある冒険の森は、アスレチックゾーン。木とネットでできている遊具や巨大すべり台、傾斜滑りなど体を動かして楽しむことができます。
対象年齢はお子さんの様子によっても異なりますが、小学生以上のお子さんの方が楽しめるレベルだと思います。遊具によっては高所のものもあるので、小さいお子さんは親御さんの同伴がおすすめです。

・「遊びの森」
体感型の施設が多い冒険の森は、小さいお子さんも目や耳で楽しめるゾーン。人が入れるサイズの巨大万華鏡やオルゴールつきの水車などがあります。13mもあるトンネル式の滑り台もおすすめです。

・「ふれあいの森」
広大な芝生が広がるふれあいの森は、散歩に最適。歩き始めのお子さんなら歩く練習をしたり、簡単なボール遊びもできます。広々としているので、大きいお子さんが走り回っても全然大丈夫ですよ!

・「ふるさとの森」
四阿や都道府県の木が植えられているふるさとの森は、目立った遊具などお子さんが喜ぶ施設はないものの、いろんな木が植えられているので季節によってはお花見を楽しむことができます。比較的、人が少ないゾーンなので、小さいお子さんと静かに散歩したい人におすすめです。

夏限定、解放されるファミリープールは家族みんなで楽しめる

夏に解放されるファミリープールは、0歳児でも楽しめる浅いプールから、泳ぎの練習ができるコースプール、ウォータースライダーも設置されていて、小さいお子さんから大人まで楽しめるプール。

プールは有料になりますが、夏の土日はたくさんの家族連れで賑わっています。

赤ちゃん連れ安心!ベビールーム完備

園内には授乳室とオムツ交換スペースを設置したベビールームがあるので、乳児のお子さん連れの方も安心。
ただし、授乳室は個室でないので、気になる方は授乳ケープなど目隠しになるものを持っていくのがおすすめです。

お昼ごはんは持ち込みOK!園内でピクニックが楽しめる!

園内は、食事の持ち込みOKなので、ふれあいの森などでピクニック気分でお弁当を食べることができます。
また、園内にはレストランもあります。どんぶりやラーメンがメインなので、メニュー的にレストランっていうより食堂のイメージですね。
園内で持ち込みBBQは禁止ですが、レストランで事前予約することでBBQもできます。2名~予約ができ、食材も用意してくれるので、家族でBBQするのもおすすめです。

施設情報

営業時間:
9:00~17:00 10月1日~3月31日
9:00~18:00 4月・9月
9:00~19:00 5月1日~8月31日

住所:宇治市広野町八軒屋谷1
電話番号:0774 – 24 – 1313

太陽が丘は車で行くのがおすすめですが、最寄駅からバスも運行しています。
天気の良い日は、太陽が丘でお子さんと体を動かして遊んでみてくださいね♪



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)