在宅ワークで有利な資格、おすすめ資格とは?

皆さん、就職や転職に有利になる資格はお持ちですか?
履歴書に書いておくと、会社や業種によっては賃金がアップしたり採用の確立が上がったりといった資格が色々と有ります。
在宅ワークでも同じ事で、自身のプロフィールに実績の他にも載せておくと有利になる資格があります。

そこで今日は、在宅ワークで有利になる資格の中でも、おすすめの資格をご紹介していきましょう。

在宅ワークで基本技能を示す資格

先ずは、在宅ワークをするに当たって、基礎技能の証明に役立つ資格から紹介していきましょう。
これらの資格は、取得しないまでも勉強して知識や技能として持っておくと、役に立つことが多く有ります。

・iパス(ITパスポート試験)

在宅ワークに欠かせない物と言えばパソコンなどのIT機器です。
IT技術が進んだことで家でも仕事が出来る様になったので当然とも言えますが、ITパスポート試験では、そのIT技術を全般的に学べます。
在宅ワークの中でも高収入な物が多い案件がIT関連の物ですので、それらの開発から管理の方法や情報の取り扱い方など、それらの事を知っておくのは何かと役に立ちます。

・MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

マイクロソフトオフィススペシャリストは、技能的に取得をしていると色々な場面で役に立ちます。
在宅ワークの案件では、クラウドソーシングを通して表計算ソフトなどのオフィス系の物を使う場面に良く遭遇するのですが、基本的な操作はマイクロソフトオフィスと、さして変わりはありません。
前述したiパスでもMOSと共通の勉強内容がありますので、一緒に取得するのも良いでしょう。

案件数が多い在宅ワークに効果的な資格

次に紹介するのは、在宅ワークの紹介サイトなどで案件の数が多い仕事を受けるのに有利になる資格です。

・Webライティング能力検定

在宅ワークで案件数の多いカテゴリの一つは、ライティング関連になります。
それらの案件では様々な記事を書く事になるのですが、記事の書き方にはネット検索でヒットしやすくなる文法やタグが有ります。
Webライティング能力検定では、それらのネット記事の執筆にあたって有効な手法などを学んで活用できるようになります。

・Android技術者認定試験

今一番ホットな在宅ワークの案件は、何と言ってもスマホのアプリ開発関連ではないでしょうか。
スマホの急激な普及により、そのスマホで使うアプリを開発する人手を募集する案件も、猫の手も借りたいほどに増えています。
在宅ワークを行う人の中には、個人でアプリなどを作って収入を得ている人も居ますし、今後も成長が望める在宅ワーク分野に役立つ資格が「Android技術者認定試験」なのです。

デザイン系の在宅ワークに有効な資格

在宅ワークの中でも、常に一定数の割合で募集されているのが、デザイン関連の業務です。
デザインセンスがないと無理……と思われるかもしれない分野の仕事に見えますが、デザイン分野の在宅ワークの中には適切な知識と技術をもっていれば受けられる物も多く有ります。

・カラーコーディネーター

カラーコーディネーターは、その色が人に感じさせるイメージや組み合わせの効果などを知る事が出来ますので、様々なデザイン関連の案件で役に立つ資格です。
女性は生まれつき、男性よりも目の色覚能力が優れており、色の識別に対して敏感です。
その力とカラーコーディネーターの知識と技術を応用すれば、他の人より優位に立てるデザインセンスを持てると思います。

・ウェブデザイン技能検定

在宅ワークの中には企業や販売サイトなどのホームページを作成する案件がそれなりにあるのですが、そういったサイト構築にはデザイン能力も必要です。
ウェブデザイン技能検定の資格は、Webサイトの見やすさやデザインのノウハウを学び、それを証明してくれる国家資格です。

根強い需要がある在宅ワークに有用な資格

在宅ワークの中には、今の様なパソコンやネットを通して仕事が出来る様になる前から続く、根強く需要のある案件がいくつかあります。
翻訳関連やカウンセリングなどの、言葉を主軸としたカテゴリーの案件がそうです。

・JTA公認翻訳専門職資格

翻訳業の在宅ワークにお墨付きを与える資格が、この「JTA公認翻訳専門職資格」です。
翻訳に関連する資格として有名な事もお勧めの理由ではありますが、受験などが自宅で行えるなど、取得に関する一連の流れも簡易なところもお勧めです。
一番需要の多い英語だけでなく、近年に増加傾向のある中国語や、出版物関連やビジネスに関する翻訳能力を証明してくれる資格などが揃っており、自身の行いたい翻訳の在宅ワークに合わた物を取得すると良いでしょう。

・メンタルケアカウンセラー

カウンセリングを仕事とするには臨床心理士という資格がありますが、臨床心理士は取得するには色々と面倒な資格です。
在宅ワークで行うカウンセリングは、医療従事というよりはお悩み相談などの業務に近い物ですので、取得が簡易なメンタルケアカウンセラーの資格がお勧めです。
メンタルケアカウンセラーは在宅で講座の受講と試験が可能ですので、他の在宅ワークをしながら取得を目指してみるのも良いでしょう。