保育園ママ友との格差がつらい!あの子の年収がいくらか知る方法

ママ友年収知るコツ




ママ友の世帯年収が気になる・・・うちとはかなり格差があるんだろうな・・・そんなふうに思ったことはありませんか?

年収いくらなの?と聞くのは気がひけちゃいますよね。

そんなあなたにママ友の年収を知るコツをこっそりと紹介しちゃいます。




格差を知ろう!ママ友の旦那の年収を知るコツ①児童手当

ママ友の旦那の年収を知るために、児童手当の金額をさりげなく聞いてみましょう。

皆さんがよく知る児童手当というのは下記の金額ですよね。

児童手当
0~2歳:1人につき月1万5000円
3歳~中学生:月1万円

ただ、所得制限を超える人には上記の児童手当はもらえず、月5000円の特例給付を支給しているのです。

所得制限は扶養家族の数で変わるのですが、例えば妻と子ども2人がいる旦那さんだと年収960万円以上の人が特例給付の対象となります。

児童手当は4カ月に一回入りますよね。0~2歳がいるお子さんだと6万円ですよね。

ただ、特例給付の旦那さんをもつ家庭だと2万円になるので、年収が高そうな旦那さんを持つママ友には「児童手当って4カ月に1回2万円しか入らないって本当?!」と知らないふりをして話をふってみましょう。

※児童手当は世帯年収ではなく稼いでいる方の年収を計算して支給されますので、注意が必要です。




格差を知ろう!ママ友の年収を知るコツ②保育料

認可保育園の料金は所得と預ける時間によって変わってきます。下記は京都市の例です。

市民税所得割課税額が397,000円以上(約年収800万円以上)の世帯だと、0-2歳の子供を8.5時間預けている世帯だと78,400円、11時間預けている世帯だと92,200円になります。

ちなみにこれは京都市の利用者負担額(保育料)です。生活保護の場合は0円ですが、市民税所得割課税額35,000円~、42,000円~、48,600円~など書かれていますね。

保育園ママ友年収イメージ

ここで年収がわかるのです。

まずは気になるママ友の子供が預けている時間を聞いてみましょう。

「私は8時から18時まで預けているけど、何時から何時まで預けているの??」と。

そのうえで「保育園の料金って高いよね・・・うちは●●円くらいだけど、いくらくらいしてる?」と聞いてみましょう。

時間帯と料金がわかれば逆算して市民税所得割課税額を知ればおおよその年収はわかりますね。

※保育園の料金は世帯年収で決まりますので、注意が必要です。




格差を知ろう!ママ友の年収を知るコツ③勤め先

旦那さんやママ友の年収を知るには、職業をさりげなく聞いてみましょう。

上場企業の社員さんなら、会社名×年齢を聞くだけでだいたいの年収を調べられちゃいますね。

ママ友年収知るコツ

例えば証券会社に勤めていて30歳~であれば、800万円~など業種でもなんとなくはわかってしまいますね。

「うちの旦那は○○で働いてて帰りが遅いんだけど、旦那さんって仕事終わってから子育て手伝ってくれる?何をしている方なの?」と聞いてみるのもいいですね。

他にも・・・持ち家や車を確認

年収を知る方法もそうですが、家計を知る方法もあります。

それは持ち家なのかマンションで分譲なのか賃貸なのかを確認をするということです。

ベンツやBMWを乗っているママ友で年収1000万円以下の人はいないはず。。。

また家を購入している場合は、その土地の価格でだいたいの金額はわかってしまいますよね。

年収のひみつ

年収を聞いても実際のところ使える金額や保育料、児童手当などわかりにくいのが、自営業や個人事業主の場合です。経費によっては申請する年収に大きく差がでてしまいますので、保育料が安いけど実際には多く使えるお金があるというのはよくあります。

ママ友との格差がつらいなら!密かに年収を上げよう!

パートママなら

少し空いた時間で在宅でお金が稼げる【ママワークス】【クラウドワークス】といったサービスがおすすめです。

【ママワークス】はママ向けの在宅でできる仕事も紹介されており、隙間時間で働けちゃいます。

ネットの知識がある程度ある人には【クラウドワークス】もおすすめ!

エンジニアだけではなくライターの仕事(日本語がわかれば未経験OK!1記事2000円~など)があるので登録しておいていい案件がでればやってみるのもいいかもしれません。

フルタイムや時短ママなら

年収をあげるには今の会社で昇格するか、転職しかありません。

働いて、家事をして、子供の面倒をみて、転職!だと気が重いかもしれませんが、転職エージェントに登録だけしておきいい案件があったときに書類を応募してみる!でもいいと思います。

案件数が断然多いのはリクナビやマイナビエージェント

ここだけの話、マイナビのエージェントの評価基準は主に年収なので、年収の高い案件を紹介してくれることが多いのでおススメです。

(ちなみにリクナビの評価基準は転職数なんだって)