幼稚園の面接!父親の服装のおすすめ

幼稚園の面接に挑むパパ(父親)イメージ

大事な子供の入園が掛かっている幼稚園の面接。
一部の倍率の高い幼稚園では、子供と親の両方を厳しく審査して合否を決めています。

面接では子供と母親が主役だと思われがちですが、出番の少ない父親の服装が一つの審査ポイントとなっている事が有ります。

そこで今回は、そんな幼稚園の面接で父親におすすめの服装を、そのポイントと共に説明しましょう。

幼稚園の面接に挑むパパ(父親)イメージ

先ずはスーツ選びから!

子供の入園がかかっている幼稚園の面接で、父親の着るべき衣装は「スーツ」一択です!

とは言っても、どんなスーツでも良いわけではありません。

明るい色は避け、落ち着いた無地か目立たない柄で、紺、グレー、黒の辺りから選びましょう。
型は普通のシングルの二つボタンの物にし、素材はポリエステルが入った物は避け、ウール100%の物がベストです。
それと、着古した物は止めておきましょう。
子供や母親の着る物と雰囲気を合わせる事も重要です。

新調する場合は、変な皺が付かない様に気を付けながら暫くの間着用して、身体に馴染ませるのがポイントの一つです。
そうする事で「普段から着こなしている」といった印象を与え、降ろし立ての雰囲気を消す事が出来ます。

シャツ、ネクタイ、靴下まで大事

スーツの説明からも分かる通り、シャツ、ネクタイ、靴下も、奇抜な色と雰囲気の物は基本的にNGと思ってください。

先ず、シャツはYシャツの白の無地で、襟は普通の物か広めの物が基本です。
素材は光を反射しすぎないように、ポリエステルの物は避けましょう。

次にネクタイは、目を惹く色や派手な柄の物ではなく、スーツの色に近い色の物にします。
柄は無地かコストラストが弱いストライプの物が無難です。

最後に靴下ですが、かならずロングソックス、長い物にしてください。
面接時、椅子に座った際に、足首や脛の肌が見えてしまうのは厳禁です。
もちろん、こちらも色は目立たない暗めの色にしましょう。

その他の部分も気を抜かない

スーツ、シャツ、ネクタイ、靴下と選んだ所で気を抜いてはいけません。
父親が身に着ける物は、ベルトや靴、時計やメガネなど、まだまだ気を遣わねばならない所が有ります。

靴に関しては、革靴を選び、おしゃれさよりも落ち着いたデザインと色の物を選びましょう。

腕時計は、金属ベルトの様な光を反射させる物ではなく、革ベルトの物が好ましいですが、落ち着いたデザインの物が無い場合は最悪付けない方が無難です。

ベルトに関してですが、これは靴と腕時計の革ベルトと同じ色の物にして統一感を持たせてください。
勿論、バックル部分はギラギラと光る素材の物はダメです。

眼鏡をかける方は、シャープなデザインの物があれば、知的に見せる事が出来ますのでお勧めです。
フレームは黒が良いでしょう。

ここまで服装を選ぶと分かると思いますが、幼稚園の面接で気を付けるべきポイントは、落ち着いた雰囲気の物を選ぶ事です。
そして、知的にな印象を与えるデザインで、家族に合わせた物を選べば完璧でしょう。
どれも、なかなかに細かな注文に見えますが、その気配りが子供の入園へ関わるとなれば気を抜ける物ではありません。

それと、この面接に向けて揃えた服装は無駄にはなりません。
こういった無難でフォーマルな服装は、幼稚園の入園式や卒園式、その後の小学校の参観日など、今後の行事でも重宝するはずです。
ですので、この機会に良い物を揃えておけば、後々、様々な場面で活躍するでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)