京都宇治出身女子が語る京都で一度は行きたい抹茶カフェ11選

京都の抹茶カフェ祇園北川半兵衛

国内外で観光地として高い人気を誇る京都は、そこへ訪れる人々へ向けた様々なカフェが多くあります。

観光の合間に、ふらりと立ち寄った街角のカフェでも、伝統と革新とを兼ね備えた色々な飲み物やスイーツが用意されており、訪れた人達の舌を楽しませてくれます。

今回は、そんなグルメの町でもある京都の中でも、抹茶関連の物が美味しい代表的なカフェをご紹介していきましょう!

ちなみに私は宇治出身で小さいころからお茶に親しんできました。学校の蛇口からでるお茶を飲んで育ってきた、抹茶好きの私が勝手に厳選しちゃいました!!(抹茶には少々うるさいです私)辛口レビューしちゃうかもしれないので、許してください。笑

京都の抹茶カフェイメージ

祇園 北川半兵衛

一番私がわたしか紹介したいのは断然ここ!祇園 北川半兵衛です。

抹茶問屋さんがしているカフェなんですが、抹茶スイーツだけでなく、本物のお抹茶が美味しい!普通、お抹茶を飲むと「うわー!まずい!苦いー!」ってなりませんか!?けど、ここで飲むお抹茶はなぜかならないんです!

店員さんに理由を聞くと、「高級なお抹茶(いいお抹茶)は苦くないんです」とのこと。お抹茶ってなかなか飲む機会はないと思うのですが、ぜひ飲んでみてほしい、行ってみてほしいカフェです。(ただ、人増えると私が行きにくくなるので、あまり行かないでください笑)

祇園北川半兵衛

OPEN 11:00~22:00 / 不定休(18:00~は夜カフェ営業)

TEL:075-205-0880

京都府京都市東山区祇園町南側570-188

京阪電車「祇園四条駅」から徒歩約6分 / 祇園四条駅から426m

祇園北川半兵衛のWEBサイトはこちら

祇園北川半兵衛の食べログはこちら

中村藤吉

創業150年以上の歴史を誇る宇治の本店は、国の重要文化財にも指定されており、その外観と店内は歴史を感じさせる趣きが有ります。京都、宇治の抹茶カフェといえば断然ここです!!

しかしながら、用意されているメニューは伝統的なお茶や和菓子だけでなく、抹茶でラテアートを施した抹茶パフェや、竹の器に盛られた口の中で溶ける抹茶生ゼリー、
和のテイストと抹茶を使い洋菓子と上手く融合させたデザートプレートなどなど、スイーツ関連の最先端を行く品々が多くあります。

当然、それらのスイーツは味の評価も高く、訪れた人達からは高評価を受けています。

茶寮 都路里

祇園に本店を構える「茶寮 都路里」は、京都さながらの落ち着いた雰囲気の甘味処で、様々な軽食とデザートが堪能できます。

特に抹茶を使用したパフェの種類が豊富で、常時10種類近くのパフェが用意されています。

祇園の本店の他に、京都伊勢丹の中にある支店と、高台寺の近くにも支店がありますので、観光中のルートに近い場所が有ったら寄ってみると良いでしょう。

よーじやカフェ

あぶらとり紙で有名な「よーじや」ですが、よーじやは京都でカフェも展開しており、嵐山と祇園と銀閣寺の近くに店を構える「よーじやカフェ」は、モダンな雰囲気の店内でカジュアルな食事とデザートが楽しめます。

え!カフェもやっているの!?と思いませんでした!?なにを隠そう私もよーじやカフェを見たとき、思っちゃいました!

よーじやのトレードマークをあしらったラテアートや、抹茶を使ったホットケーキやロールケーキなども人気ですが、季節に合わせたメニューも取り揃えており、それらも見逃せません。味はそこそこかな?

もちろん、お土産関連も充実しており、あぶらとり紙の他にも、抹茶を使ったショコラなどの独自のお土産用のお菓子も置いてあります。

洛匠

苔むした静かな庭園を眺めながら抹茶を嗜む。
京都での憧れのシチュエーションの一つと言える、そんな情景が堪能できるのが高台寺の参道近くにある「洛匠(らくしょう)」です。

洛匠の店内から眺める日本庭園は、静謐ながらも季節を楽しませる作りをしており、茶房ながらも一種の観光名所となっており、それを眺めながら飲む抹茶は本来の味よりも美味しく感じる事でしょう。

用意されているメニューはシンプルな物が多いですが、その中でも抹茶と草わらびもちのセットが人気で、夏には抹茶と竹筒入水羊羹、冬には抹茶と抹茶カステラのセットも大変に人気が有ります。

茶寮 翠泉

京都の風情を感じさせる外観と内装を備え、豊富な種類の飲み物と抹茶デザートが取り揃えてある「茶寮 翠泉」ですが、そんな所に騙されてはいけません。
この翠泉は、他ではなかなか見られないラテアートを出すお店として有名なカフェなのです!

その名も「3Dラテアート」
「まろ濃い抹茶ラテ」という、翠泉特製の抹茶ラテを飾り付ける立体的なラテアートは、ぬいぐるみみたいに可愛い動物が抹茶ラテのプールの中に浮かんでいるかの様な光景を見せてくれます。

この3Dラテアートは、店員さんにお任せのタイプと、自身で飾りつけをさせてくれる2コースがありますので、デザインセンスに自信のある方は是非ご自身で挑戦してみてください。
上手く出来たら写真に撮って、どこかで披露すると人気者になれるかもしれません。

丸久 小山園

京都で抹茶と言えば、小山園か北川半兵衛ですよね!!

小山園は抹茶好きの私も大好きなお店です。
宇治ではよく茶団子ってどこでも売っているので、買う機会も食べる機会も多いのですが
京都の街中にでると、めっきり茶団子を見る機会がなくなります。

けど、ここには!ある!!!!
かき氷の中にそっと添えてあるんです。茶団子が!へんなカフェだとこの茶団子、まずってなるのですが、ここの茶団子は美味しいー!

京都の街中で茶団子に出会えたよろこび!絶対忘れません。

本家 西尾八ッ橋

八つ橋のお店やん!と思われるかもしれませんが、実は抹茶スイーツがあるのです!
京都にきて、抹茶と八つ橋の両方が一気に食べれる、まさに観光にはもってこいのお店ですね。
生八つ橋もふつうの八つ橋も食べれるので、抹茶とともに食べてみてくださいね。

MACCHA HOUSE 抹茶館

抹茶ティラミスが有名で、終日人が並んでいたお店です。
整理券を配布されるようになって、今はもう並んでいないですけどね。
ティラミスを升にいれる抹茶ティラミスはインスタ映えするので若い人に人気です。

ここへ行くなら私は絶対北川半兵衛か小山園で並びますけどね。

通園

京阪宇治駅すぐにあるこのカフェは豊臣秀吉や徳川家康もこの店で休んだと言われる
由緒あるカフェ。私も宇治に帰ると、そんな気分を味わいたくよく訪れます。

抹茶ソフトは濃厚で一度みなさんに食べてみてほしいです!
ちなみに宇治にある宇治茶のペットボトル(自動販売機だけでなく、よくカフェなどにも置いてあるのですが、
もちろん、通園さんにも)このお茶が美味しすぎてぜひ飲んでほしいんです!

実はこのお茶、宇治にしか基本おいていないんです!
だからこそ!絶対飲んでみてほしいーネットにも売っていますけど笑

これです

宇治に訪れた際にはぜひ飲んでみてください!

虎屋菓寮

室町時代後期の京都で創業された虎屋さん。羊羹屋さんやん!
ここ実はカフェもあるんです。抹茶のかき氷も3つくらいあるのですが
ここでは羊羹を食べたいですよね!?笑

虎屋菓寮でのおすすめの食べ方は、羊羹に煎茶。あーなんて和の組み合わせ。。。
甘い羊羹に少し苦みのある煎茶はまさにマリアージュです!

ぜひ一度ためしてくださいね。